ローンの満期前に車を手放す時のお得な方法

自動車ローンの満期前、つまりまだローンが終わっていない車を手放す時のお得な方法を紹介してみましょう。

自動車ローンといっても様々な種類がありますが、

まずは、銀行の自動車ローンなど車がローンの担保になっていないローンの場合。

これは車の車検証の「所有者」欄がオーナー、つまりあなた自身の名義になっていることで確かめることができます。

この場合はあなたがその車の所有者ですから、自動車ローンの途中でも売却であろうが譲渡であろうが自分の意思で自由に行うことができます。

問題は、ローンが完了するまで車が担保の形となって所有権が留保されている場合です。

これは、車検証の「所有者」の欄がローン会社等の名義になっていることで確認できます。

この場合は、車の所有権があなたにはないのですから、勝手に売却したりすることはできません。

ローンが完了して初めてあなたに所有権が移り、自分の車になるというわけです。

さて、このようなローン途中の車を売りたいときはどうすればいいのでしょうか。

簡単に言えば、ローンの残額を一括して完済して車の所有権を自分のものにすれば、売却するということになります。

しかし、「ローンの一括返済」と簡単に言ったものの、現実にはローン残額が大きかったりすると、そのための現金の準備などそう簡単にいく話ではありません。

■車買取業者がローン清算のための現金を立て替えてくれる

現金でローンを一括返済できなければ、ローン途中の車を売却することは無理なのでしょうか。

ここで本題の話になりますが、実は現金の準備が無くても割合簡単に売却することのできるいい方法があるのです。

それは、車買取専門店で車を査定・売却することです。

大抵の車買取業者は、ローン途中の車でも円滑に買取りすることができるよう、ローン清算金の一時立替え、所有権移転手続きの無料代行のサービスを行っています。

つまり、例えばローン残額90万円のあなたの車を査定して100万円の買取額になったとすると、車買取業者は100万円のうちの90万円を一時的に立替えてローンを完済し所有権を移転します。

そして、あなたの所有となった車を100万円で買い取り、立て替えた90万円を差し引いた10万円をあなたに渡すという形になります。

もちろんのこの例は査定が好調だった場合の例であり、査定額が90万円であればチャラになり、査定額が80万円だとすると10万円の現金持ち出しになります。

たとえ現金持ち出しになったとしても、自分で一括返済の現金を準備するよりは遥かに楽だということになります。

■ポイントはできるだけ高い査定額を目指すこと

上のような例をみると、ローン途中の車を売るときの最大のポイントはいかに車の査定を高くできるかということだと分ります。

同じような取扱はディーラー下取りの場合でもあるのかもしれませんが、ディーラー下取りの致命的なデメリットは査定額が車買取業者よりかなり低くなってしまうことです。

手もとに戻る現金をできるだけ確保するため、あるいは現金持ち出しをできるだけ少なくするため、ローン途中の車を売る場合はともかく高額査定を狙うというのが最大のコツなのです。

具体的には、車買取業者1社だけでなく複数の買取業者に査定してもらい、競争により査定額を吊り上げるということになります。

そして、これにおあつらえ向きの無料査定が「車一括査定」というネットから申込みできるサービスです。

一度の入力で最大10社など、多くの車買取点に査定依頼することのできるサービスで、これによって少なくとも4~5社の車買取業者に査定してもらえると思います。

自宅への出張査定はもちろん無料であり、各社に「一番高い所に売却する」と伝えて競争してもらうのです。

稀にローン返済の立替えをしていない業者があるかもしれませんが、そんな業者は最初から脱落です。

各社の査定額が出揃ったら、最も高い所と売却の契約に進むという流れになります。

車を売るときはローンが無くてもできるだけ高く売りたいというのが人情ですが、ローンが残っている場合は現金に直結しているだけに、普通より一層気合を入れて高額査定を狙っていけば良い結果が期待できると思います。

ローンが残っているというハンデが、逆に「高く売るぞ」というモチベーションにつながるのではないでしょうか。

もっとたくさんの業者に査定してもらい徹底して高額を目指したいというのであれば、一括査定サービスを2つとか3つ利用してもいいでしょう。

ネットなんかでは、10社以上の車買取店に同時に査定してもらい、入札(名詞の裏に査定額を書いて出してもらう)によって最高額のところに売却したというような体験談も見ることができますよ。

ご健闘を祈ります。

このページの先頭へ