自動車ローンがあることで自動車購入がしやすくなっている

自動車の購入は、不動産の購入に次いで高額な買い物になります。

現金一括払いで購入できることが理想ですが、多くの購入者が自動車ローンを利用します。

また、自動車ローンがあるということによって、自動車購入がしやすくなっている、ということも言えると思います。

ほとんどの人は、自動車ディーラーから勧められるがままに、ディーラーの自社ローンを利用しているのではないでしょうか。

自動車ローンには様々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがありますが、それらを比較・検討してどの自動車ローンにするかを決める消費者は多くないはずです。

ですが、より低金利・高サービスの自動車ローンもありますので、ディーラーの営業スタッフの言葉だけに流されてはいけません。

様々な自動車ローンのメリットやデメリットを比較し、自分にとって最適だと思われる自動車ローンを選ぶことが大切です。

普段から利用している金融機関だけでなく、幅広く情報を集めておくことで、利息に大きな違いが生まれるのです。

自動車ローンの種類によっては、支払総額に数十万円もの差が生まれることもあるのです。

また、ディーラーによっては、自社ローンを利用することを条件にした付帯サービスなどの特典が付く場合もあります。

それらを全て比較対照することによって、自分にとって最も良い自動車ローンはどのような形なのか、ということが見えてきます。

また、金利だけで決めるのではなく、毎月の支払額、返済総額・利息総額をシミュレーションし、保証料の有無、変動金利か固定金利か、付帯サービスはあるかなど、様々なポイントを考える必要があります。

最近では残価設定型の自動車ローンやカーリースなども選択肢に入るようになりました。

金融機関によって、あるいはローンの種類によって、それぞれメリットやデメリットがありますので、どれが自分にとってベストな自動車ローンなのかをしっかり考えて自動車購入をすることが望ましいでしょう。

場合によっては、借り入れの審査に通らない事もありますので、申し込みをする前にしっかりと審査基準について確認をしておく事も大切です。

このページの先頭へ