ローン申込みを連発するのは最もよくない行動パターン

自動車ローンの審査に落ちたからといって、次々と別の金融機関に申し込みをするのはあまりよくありません。

一般にローンでは数撃ちゃ当たるという感じでローン申込みを連発するのはもっともよくない行動パターンだと言われています。

ローンの審査に落ちたという実績は情報として残り、他の提携先の金融機関と情報共有されています。

安易に審査に申し込むのではなく、しっかりと自分の状況と借り入れ条件を確認してから、申し込むようにしましょう。

過去に自己破産や、長期滞納をした場合には、「信用情報機関」にそれらの情報(本人を特定するための情報、ローンの契約内容、返済、支払状況など)が登録されています。

「信用情報機関」の情報は永久に登録されるのではなく、一定期間のみの登録です。

支払いが完済、完結しているのであれば、期間が過ぎて情報が抹消され、再びローンの審査が通る可能性が出てきます。

情報の保存期間は情報の種類によりますが、「登録日から5年を超えない期間」とされているのがほとんどです。

ですが、「信用情報機関」に情報が残っていなくても、金融機関の自社データにはほぼ永久的に情報が残っていると考えた方が良いでしょう。

ですので、期間が開いても、以前問題を起こした会社には、申し込まないほうが賢明です。

また、その会社と提携しているところにも申し込まないように注意しましょう。

提携先と情報を共有している為、審査が通らない可能性があります。

ですので、以前問題が起きた会社の提携先はどこなのか、前もって確認しておく必要があります。

前回は出来なかったとしても、今回はしっかり返済して、「きちんと返済した」という実績を作っておくと、今後ローンを組む時にその実績が役立つ事になるでしょう。

このページの先頭へ