一般的な元金均等返済というのは元金の返済額が一定

自動車ローンの返済方法について整理してみましょう。

まず一般的な「元金均等返済」と言うのは、元金の返済額を一定にするローンです。

一定額の元金に、利息を上乗せした金額を毎月支払うことになります。

支払いが進んでいくと、利息がかかる元金の金額が減っていき金利の返済が減るため、だんだん支払いが楽になるという返済パターンです。

これに対して「元利均等返済」という返済方法もあります。

これはその名のとおり元金と金利を合わせた金額を一定にするという形で返済していくという方法です。

返済額が毎月毎月一定なので、返済の計画が立てやすいのが特徴ですが、最初のうちは返済額のほとんど利息の支払いに充てられるため、、元金がなかなか減りにくいというのがデメリットです。

その他に、臨時返済、分割(アドオン)返済、残高スライドリボルビング返済というものもあります。

臨時返済は、その名の通り、定期的な返済とは別にまとまった金額を返済することです。

臨時返済で支払った分は、全て元金の支払いに充てられますので、その後の利息を大きく減らす事ができます。

分割(アドオン)返済とは、最初の借入額を元に利息を計算し、現金価格と分割手数料を足して、それを返済回数で割った金額を支払います。

最初の借入額を元に利息を計算しているため、元金の返済が進んでも利息が減りません。

また、途中で臨時返済をしても、利息が減らないので、支払い総額が他の支払方法よりも多くなってしまいます。

残高スライドリボルビング返済とは、利用残高によって返済額、もしくは返済率が段階的にスライドする方法です。

返済額をスライドさせる場合は、残高が減るごとに、返済額も段階的に減っていきます。

一見お得に感じられますが、返済額が減るということは元金が減りにくく、返済が長期化することもありますので、注意しましょう。

このページの先頭へ