ローンを提供する機関によって様々な付帯サービス

自動車ローンの付帯サービスについて詳細を見てみましょう。

ローンの付帯サービスとは、製品の提供を補助する機能や行為のことです。

カーローンの場合、提供する機関によって、様々な付帯サービスが提供されることがあります。

カーローンの付帯サービスとして、借入期間中のロードサービスを年会費無料で利用可能な所もあります。

ロードサービスには、万が一交通事故が起きた場合のレッカーや修理、代替の交通機関のサービスなども含まれます。

詳しい内容としては、レッカー現場急行サービス、故障時緊急修理サービス、帰宅費用サービス、宿泊費用サービス(事故現場から自宅が遠く宿泊が必要な時)、修理後搬送費用サービスなどです。

まるで自動車保険の無料ロードサービスのような付帯サービスですね。

ロードサービスか、または交通障害保険のいずれかを選んで付帯することができるローンもあります。

自動車保険のロードサービスが使える場合はこちらの方が重複しないことになります。

もし自動車購入者が死亡、もしくは重度の障害を負ってしまった場合、ローンの支払いが困難になりますが、その時に、支払いの保証を行うのが障害保険です。

ほとんどの場合、保険料は金融機関が負担します。

障害保険は任意保険ですが、「自動車損害賠償責任保険」の保証内容を拡充することができます。

申し込みは楽でも、金利がやや高めと言われるディーラーローンでは、アフターメンテナンスや車検をサービスしてくれる場合があります。

交渉次第では車両本体価格の値引きもしてくれるかもしれません。

サービスを全て含めると、実はこのローンの方が安かった、という事もありますので、付帯サービスも含めてどの自動車ローンが良いのか、総合的に考えて検討してみましょう。

このページの先頭へ