低金利のローンを見つけるには情報収集も大事

金融機関は、預かった資金を運用(貸出しなど)することで利益を得ています。

借り手が貸し手に支払う料金を、年率に換算したものが金利になります。

つまり、お金を一定期間貸し借りする時の値段が金利なのです。

似たような言葉が多いので、それぞれの言葉の違いを見てみましょう。

年利とは、一年当たりの金利の比率です。

利率とは、一定期間(一年)における金利の比率です。

利子とは、貸す側が使う、支払う金利の金額のことです。

利息とは、借りる側が使う、支払う金利の金額のことです。

借りる側としては、金利が低いほうが有利になります。

金利は「単利型」と「複合型」の2つの方法で計算されます。

単利型とは、元本(車の購入で借り入れた金額)に対してのみ利息が付く方法です。

複合型とは、元本と前についた利子を合わせた金額に対して利子が付く方法になります。

当然ながら、単利型よりも複合型の方が支払い総額が大きくなります。

ローンを組む際は、金利のタイプが単利型か複合型か判断し、単利型のプランを選択するようにしましょう。

金利が異なると、月々の返済額や、総支払利息にも大きな差が出てきてしまいます。

月々の支払額の方に注目しがちですが、本当に大事なことは、金利と総支払額なのです。

この2つを比較し、無理のない返済が出来る、一番自分にあったローンを決めるようにしましょう。

よりお得な低金利のローンを見つけるためには、普段からの情報収集も大事になってきます。

金利優遇キャンペーンの情報を普段から調べて見逃さない事や、サイトで最新の金利をチェックすることも重要です。

このページの先頭へ