ローンの金利には、固定金利と変動金利の二種類がある

自動車保険の金利を正しく比較できるようにするために、金利の詳細についてもう少し掘り下げてみましょう。

ローンの金利には、固定金利と変動金利の二種類があります。

固定金利とは、その名の通り、返済が終了するまで金利が変わりません。

返済が長期に渡っても返済額が変わらない為、返済計画が立てやすくなります。

低金利の時に借りた場合は、高金利になった時に有利になりますが、市場の金利が下がった場合、高金利の時に借りた場合は負担が大きくなってしまいます。

変動金利よりも利率はやや高めに設定されているため、借入時点では変動金利の方が有利な気もしますが、長い目で見ると、リスクの少ない固定金利の方が利息が少なくなることもあります。

5年以上の長期で返済するのであれば、金利の変動の無い固定金利を選択すると良いでしょう。

変動金利というのは、公定歩合の変動や市場の動向などで、返済期間の間に金利が変化することもありえるというものです。

金利変動で金利が低くなることもありますが、逆に金利が高くなることもあり得ます。

固定金利よりも利率はやや低く設定されていますが、金利変動で金利が高くなり、結果的に総支払利息が大きくなることもあり得ます。

変動金利を選択するのであれば、できれば3年以下の短期間の返済にするべきでしょう。

長期になると、金利の上昇が起きた時にリスクが高くなります。

一般的に、景気が上向きであれば金利も上がり、景気が下向きであれば金利も下がります。

経済の状況を見て、将来金利が上がりそうであれば固定金利を選択、金利が下がりそうであれば変動金利を選択すると良いでしょう。

自分の返済能力、借入額、借入期間、将来の金利動向をふまえて、固定金利か変動金利かを決定しましょう。

このページの先頭へ